奈良西の京を歩く
近鉄西大寺駅で降車し南へ3分歩くと西大寺へ出ます。東大寺の大仏様にはかないませんが、同様に歴史ある大寺です。
まずは本堂に上り、本尊の大きな釈迦如来立像や弥勒菩薩像、文殊菩薩像を拝します。その年月を重ねた威厳と迫力と技術を凝らした装飾に圧倒されます。
寺内を一巡し、聚宝館に入り寺宝の数々を見学しました。西大寺は巨大な茶碗で行われる大茶盛が有名ですが、その茶碗や茶道具も展示されていました。
一枝の紅葉がきれいに色づいた池のほとりで一休みしたあと出発です。
菅原神社
西大寺を出て西へ突き当たるところに八幡神社があります。明治の廃仏毀釈令までは西大寺の守護神社だったところで、重要文化財の建物と広い境内があります。
さらに南へ進み、少し東へ一筋道を下り進むと、菅原の里へ出ます。菅原道真公の生誕出身の地で菅原神社があり、受験生の祈願の場です。
またすぐ近くにはハスの花の寺の喜光寺があります。
喜光寺
試みの大仏殿
喜光寺には立派な大仏殿(本堂)があり、東大寺大仏殿を建立するときに行基が参考にしたと伝えられています。境内出土の47体の石仏は木陰にひっそりと立っていました。ハスの栽培された石鉢が至る所に置かれ、7月ころにはみごとな景観となるそうです。
喜光寺を出て南へ阪奈道路を渡り近鉄尼ヶ辻駅西側の巨大な第11代天皇の垂仁天皇陵を目指します。崇神・垂仁・景行と三代で大和の地に強力な三輪王朝を築き、日本古代に大和中央集権がつくられました。
濠の中にポツンとある小さな塚は主君垂仁天皇の命で不老不死の薬を探しに行った田道間守の塚です。
垂仁天皇陵を後に、コスモス咲く道を近鉄線路沿いに田畑が広がる中を南へ歩き、突き当たりの踏切を西に渡ると唐招提寺の長い土塀があります。土塀の東のほうに柱の中央が丸いギリシャ建築のエンタシスに似た柱を持つ唐招提寺の山門があります。会津八一の歌碑「おおてらの まろきはしらのつきかげを つちにふみつつものをこそおもへ
旧開山堂
境内の中に入ると正面の金堂は大屋根で覆われ、解体修理の真っ最中で、ご本尊も他へ出陳中の様子です。まず鐘楼〜戒壇院〜講堂で弥勒如来像を拝します。拝堂は読経中で人がいっぱいで入るのをあきらめ、旧開山堂のところに行き、松尾芭蕉の歌碑「青葉して おん目のしずく ぬぐはばや」を観賞しました。薬師寺への道を急ぐため国宝の校倉の横を通って門外へ出ます。
芭蕉の歌碑
戒壇院
校倉
唐招提寺で東山魁夷画伯の絵を見なかったのを心に残しつつ、10分も歩かずに薬師寺へ到着です。
まずは玄奘三蔵伽藍から見学です。平成3年に建立されたこの伽藍は、古色蒼然とした寺と比べると目を見張る色鮮やかな壮麗さです。
玄奘三蔵院の中に入ると、八角形の玄奘塔が中央にあり、中には玄奘三蔵の骨と像が納められています。塔の扁額に「不東」とあるのは西域へ出かけるにあたって途中で決して東の唐長安の都へは戻らない、という玄奘の決意が込められています。その後ろの壁画殿に入ると、平山郁夫画伯の七場面、13枚の西域図大壁画が、展示され、見る者すべてを圧倒し、画面に引き込みます。
しばし忘我の世界に遊んだ後、次なる南側の白鳳伽藍に向かいます。玄奘三蔵伽藍正面から南の東塔・西塔を眺めると、一服の素晴らしい絵を見るようです。
白鳳伽藍に入るとコスモスの花やコシキブの紫が朱に映えてきれいでした。朱塗りのみごとな柱列が塔との対比で美しい景観になっていました。
まず、聚宝館・大宝蔵殿に入り薬師寺の国宝・重要文化財の数々を見学します。国宝の吉祥天女図をはじめ多くの曼荼羅や仏画、仏像など貴重で立派なものばかりでした。
次に朱塗りの回廊に向かい国宝の東塔をさまざまな角度から観賞します。これを「凍れる音楽」と評したフェノロサもこの三重の塔の華やかな裳階や聳える水煙に魅入られたのでしょう。
東院堂

回廊と三重塔
金堂
回廊の外側を回り南の中門から見ると、金堂を中に東塔、西塔、後方の講堂が天平の甍と呼ぶに相応しい光景を展開します。近寄っては離れして、東塔と真新しい西塔をじっくり観賞しました。回廊はまだ未完成で講堂までつながればまた新しい景観が生まれるでしょう。
西塔
東塔
さて薬師寺の南門を出れば、今日のWalkingは終りです。孫太郎神社と休ヶ岡八幡宮は明治までは薬師寺の神宮でしたが、その二つを見て引き返し、近鉄西の京駅から帰途につきました。
講堂
境内のコシキブ

孫太郎稲荷神社
休ヶ岡八幡宮

HOMEへ

10月の花へ   花の目次へ

西大寺〜垂仁天皇陵〜唐招提寺〜薬師寺   10月21日

 かねてから、奈良西の京を歩いてみたい、そして薬師寺の寺院建築の最高傑作のひとつ「凍れる音楽」とフェノロサが絶賛した東塔を見てみたいと思っていました。そしてもう一つの目的は薬師寺にある玄奘三蔵の西域紀行を題材にした平山郁夫画伯作の大壁画を見たいというものでした。
午前中は晴れ昼からは曇りの天気予報通りの日でしたが、気持ちの良いWalkingが楽しめました。

Walking目次へ