GONSHAN GONSHAN 何処へゆく、

赤い、お墓の曼珠沙華(ひがんばな)、

曼珠沙華(ひがんばな)、

けふも手折りに来たわいな。


GONSHAN GONSHAN 何本か、

地には七本、血のやうに、

血のやうに、

ちやうど、あの児の年の数。


GONSHAN GONSHAN 気をつけな、

ひとつ摘んでも、日は真昼、

日は真昼、

ひとつあとからまたひらく。


GONSHAN GONSHAN 何故泣くろ、

何時(いつ)までとつても、曼珠沙華、

曼珠沙華、

怖(こわ)や赤しや、まだ七つ。


HOMEへ

写真はクリックすると1024×768ピクセルの壁紙サイズの画像がでます

今日の花9月目次へ

前月目次へ


能勢コスモスの里

今日の花目次へ

前日へ     次の日へ


明日香村石舞台

明日香村石舞台

奈良県葛城古道

9月21日


稲淵の棚田

奈良県明日香村稲淵の棚田にて 9月20日

ヒガンバナ(彼岸花)

ヒガンバナ科ヒガンバナ属
原産地 中国南部
花期 9月〜10月
別名 マンジュシャゲ(曼珠沙華)
弥生時代に稲作とともに伝わったものと推定される、古い帰化植物です。真っ赤な色と有毒ということで、日本では花としてはあまり人気がありませんでしたが、欧米で園芸種が作られ、リコリスの名前で流通しています。近年は「故郷の花」ということで人気も上昇しつつあるようです。

まんじゅさげ暮れてそのさきもう見えぬ
                  大野林火

曼珠沙華      北原白秋


明日香村石舞台