井上 靖

HOMEへ

今日の花8月目次へ

前月目次へ

8月18日

フウセンカズラ(風船葛)

ムクロジ科フウセンカズラ属
原産地 北米南部
花期 6月〜8月 実観賞 8月から10月
蔓性の植物です。細い蔓の先に白い小さなを咲かせます。花は小さく地味ですが、丸い緑の風船のような実が風に揺れているのは風情があります。実は完熟すると茶色になります。

風船葛四十路のこころ揺れどほし
                石倉すみれ

四季で一番好きなのは夏だ。
夏の一日で一番好きなのは昼下がりの一刻(ひととき)――、
     あの風の死んだ、もの憂い、しんとした真昼のうしみつ刻だ。
そうした時刻幼い頃の私はいつも土蔵の窓際で、
     祖母ととうもろこしを食べていた。
小学校に通っている頃は毎日、
     インキ壺のような谷川の淵に身を躍らせて、その時刻を過ごした。
学生の頃は、校庭の樹蔭で、書物で顔を覆って、
     爽やかな青春の眠りを眠った。

そうしたこの世ならぬ贅沢なすべては遠く去り、
     今の私にはもはや土蔵も、谷川の淵も、校庭の樹蔭もない。
真夏の昼下がりの一刻、私は書斎の縁側の籐椅子に倚って、
     遠い風景を追い求めている。
烈日に燃えた漢地の一画、遠くに何本かの竜巻の柱が立ち、
     更にその向こうを、静かに駱駝の隊列が横切っている。

そうした旅への烈しい思いだけが、
     風の死んだ、もの憂い、しんとした真昼のうしみつ刻の中に、
     私を落着かせる。 私を生き生きとさせる。

フウセントウワタ(風船唐綿) ガガイモ科フウセントウワタ属
                     原産地 南アフリカ  花期 7月8月 実観賞 8月から10月

フウセントウワタは、ツルでなく直立する大株になり多くの枝ができ、その枝に花が咲きます。花のあとには、トゲのある風船状の実がなり、熟すと実が割れワタのついた種がこぼれます。


服部緑化植物園にて

写真はクリックすると1024×768ピクセルの壁紙サイズの画像がでます

京都植物園にて

今日の花目次へ

前日へ          次の日へ