HOMEへ

昨晩 そう昨晩  女と私の唇とのあいだに
きみの幻影(まぼろし)が降りてきた。
シナラよ きみの息づかいが
抱擁と酒のあいだ 私の魂のうえに感じられた。
それで私は孤独だった  いつもの欲望はもうたくさんだった。
そう 私はひとり孤独に頭を垂れた。
シナラよ 私はこれまでずっと きみをひとすじに愛してきた 私なりに。

一晩じゅう私の胸の上で女の心臓が鼓動するのを感じた。
夜の間じゅう 私の胸のなかで女は愛し眠った。
確かに女の真紅の唇と交わすくちづけは甘かった。
しかし私が目をさまし 夜明けがまだ薄明だと知ったとき
私は孤独だった いつもの欲望はもうたくさんだった。
シナラよ 私はこれまでずっときみをひとすじに愛してきた 私なりに。

シナラよ 私は多くを忘れ去った。 それは
風と共に去っていったのだ。
きみの青白い清らかな顔を忘れるために
香気を放つバラ 男どもと奔放に騒ぐバラたちと踊って。
しかし私は孤独だった いつもの欲望はもうたくさんだった。
そう ダンスが長かったのでその間ずっと。
シナラよ 私はこれまでずっときみをひとすじに愛してきた 私なりに。

私はもっと騒々しい音楽と強い酒を大声で求めた。
しかし宴が終わってランプが消えるとき
そのとき きみの幻影(まぼろし)が降りてくる
シナラよ 夜はきみのものだ。
そして いま私は孤独だ いつもの欲望はもうたくさんだ。
そう 私は自分が欲する相手の唇が欲しい。
シナラよ 私はこれまでずっときみをひとすじに愛してきた 私なりに。

写真はクリックすると1024×768ピクセルの壁紙サイズの画像がでます

今日の花7月目次へ

7月25日

トロリウス(キンバイソウ)

キンポウゲ科トロリウス属
原産地 北半球温帯〜亜寒帯
別名 金梅草(キンバイソウ)
花期 低地6月〜7月 高山7月〜8月
五弁の黄色い花が梅花に似ている為、名づけられました。日本では中部山岳地帯に野生種が自生しています。近縁種はシナノキンバイなど日本に5種類ありますが、植物園で見られるのは西洋キンバイと中国産の園芸交配種です。

花は色 そして匂い
あなたはこころ そしてやさしさ

                  堀口大学

シナラよ!          アーネスト・ダウスン
                 (訳)松浦 暢

今日の花目次へ

前日へ     次の日へ

今日の花目次へ

ガーデンミュージアム比叡にて

名作「風と共に去りぬ」の中で使われた詩です。スカーレットを一途に愛するレット・バトラーの心情と、「デカダンの詩人」ダウスンの詩が見事に響き合っています。