HOMEへ

今日の花7月目次へ

7月23日

ゲウム(西洋ダイコンソウ)

あれを見よ、野にただひとり、
ひとりゐる山家をとめの
ひとり刈り、ひとり歌へる。
足とめよ、行かば静かに。
ただひとり、刈りつ、歌ひつ、
うれはしき調(しらべ)をうたふ。
あはれ聴け、深き渓(たに)こそ
その音に満ちあふれたれ。


アラビアの流砂のあひだ
ものかげにいこへる旅の
群れの聞く小夜啼鳥(さよなきどり)も
かくばかり妙(たへ)にはあらず。
世のはてのヘブリデイーズの
わたつみの静寂(しじま)を破り、
閑古鳥(かんこどり)春鳴く声も
かくばかり切(せち)におぼえじ。


その歌を説く人もがな。
あはれなるふしの辿るは、
遠つ世の幸(さち)なのことや、
そのかみの戦の沙汰か。
あるはまた賎(しず)の歌ぐさ、
このごろに見ききすること。
かってあり、またもあるべき
かなしみや、死や、くるしみか。


何にもあれ、少女は歌に
終わりなきごとく歌ひぬ。
われは見ぬ、歌ひ、いそしみ、
鎌にその身をかがむるを。
みじろがず、しづかに聴きぬ、
さて、山を登り行く時、
そのうたは胸に残りぬ、
きこえざる後も、久しく。


バラ科ダイコンソウ属 多年生草
原産地 北半球温帯〜亜寒帯
花期 5月〜8月 花色 黄、橙、朱
通常は園芸種をゲウム・西洋ダイコンソウと呼んでいます。日本には野生種の黄色い花が咲くダイコンソウやオオダイコンソウなどがあります。生え際の葉がダイコンに良く似ているのでダイコンソウと名づけられましたが、園芸種もダイコンソウとは味気ない名前ですね。花は見た目がフウロソウやキジムシロに似ていますが、慣れれば判別できます。

ただひとり麦刈るをとめ
                 ウイリアム・ワーズワース
                 (訳)竹友藻風

写真はクリックすると1024×768ピクセルの壁紙サイズの画像がでます

西宮緑化植物園にて

次の日へ

今日の花目次へ

前日へ

生きんがために食え、
されど食わんがために
生きるなかれ

     ベンジャミン・フランクリン

今日の花目次へ