HOMEへ

今日の花7月目次へ

写真はクリックすると1024×768ピクセルの壁紙サイズの画像がでます

7月17日

ハス(蓮)の花

ここに阿修羅は立っている
三つの顔と
六本の細い長い手をもって
可憐な少年の姿をした阿修羅はここに立っている

せい一ぱいみはって
一てんをみつめている
この眼が涙をはふりおとさないということがあろうか
しんけんな必死な願いが
ひきよせた眉根の
かすかな隆起をつくっている

うぶげもみえそうな子供らしいくちびるが
歔欷(すすりなき)をおさえて
かみしめられている
こんなあどけない顔に刻みこまれているために
このかなしみは更にいたましくさらに切ない

うでわのはまった蜘蛛のように細くながい手
その手は胴のあたりで
折れんばかりにうち合わされている
その手はたえかねた叫びのように
のろのろと天へさしのばされている

どんな無法なあつい願いが
どんな無法な切ないなやみが
この半分裸の下袴だけのかぼそい少年らしい体を
おしたおそうとしているのか

三つの顔と
六本の手と
求めなやみあこがれもだえる
人間の永遠に幼いすがたをもって
阿修羅はここに立っている

ハス科ハス属
原産地 赤・白ハス温帯〜熱帯アジア
      オーストラリア北部・南洋諸島
  黄色ハス 南北アメリカ熱帯・亜熱帯
別名 蓮華(レンゲ)
1億年前のハスの化石が見つかっていて、生命力の強い植物だと言われています。縄文時代の種から発芽した大賀ハスは有名です。
 花は7月から8月に咲き、大きく薄桃色の花が池に咲いているのは、夏の風物詩です。
正月の蓮根の煮しめとして食用になります。

ハス(蓮)とスイレン(睡蓮)は種類が違います。
スイレンはスイレン科スイレン属の植物です。
            スイレン(睡蓮)のページへ

滋賀県草津市水の森水生植物園にて(7月17日)

この阿修羅像は奈良興福寺に八部衆の一つとして残ってる
乾漆造りの天平仏の傑作です。

阿 修 羅       苅田あさの

大阪万博記念公園日本庭園ハス池にて

いざゆかむ 行きてまだ見ぬ山を見む このさびしさに君は耐ふるや
                                          若山牧水

今日の花目次へ

前日へ      次の日へ

今日の花目次へ